トップページ >  > 膣内射精障害について|改善方法とは?

膣内射精障害について|改善方法とは?

膣内射精障害とは?改善方法とはいったい・・・

膣内射精障害とは男性で通常のオナニーやフェラチオや手でのしごきでは射精が出来るが女性の膣内での射精をすることができないことを言います。 この場合は肉体的に射精ができる状態にも関わらず膣内での射精、つまり正常なセックス時に射精ができないことを意味差します。

膣内射精障害とは少し違う意味合いもありますが早漏の反対語で
遅漏』の状態も状況としては似ている部分もあります。

この膣内射精障害の原因ですが諸説ありますが最も大きい原因だと考えられていることが 『オナニー時での力の入れ過ぎ状態』にあります。
これはどういうことかと言いますとオナニー時に力を入れてしまうことによって脳がその感覚を覚えてしまい手による強い刺激が無いと射精状態まで身体がいかないということです。
通常は女性の膣内の圧力、膣圧は手での刺激よりも弱いです。このため普段から強い刺激になれていると弱い膣の圧力では射精状態にまで脳への刺激がいかないという状態があります。

またオナニーの回数にも問題があると言われておりあまりにも日常的に回数をこなしているといざ通常のセックスを行おうとする時に刺激が弱いということがあります。また射精しやすい精子の量が溜まっていなくより時間がかかるということもありますよね。
例えば睡眠時に射精してしまう夢精状態というのはある程度オナニーを我慢し精子が溜まった状態の時に起きます。

その他の原因としては精神的な問題として過去に射精できなかったというセックスに対するトラウマ、又は精神的不安定さによるセックスに集中できない、焦り等も考えられます。
肉体的な原因としては勃起力が弱い状態の時も同じように満足のいく快感が得られず射精までいくのが遅くなってしまう、途中で断念せざるを得ないという状況もあります。

このように膣内射精障害の原因としてはオナニーのし過ぎ、強さの問題の以外にも様々な原因が考えられるわけです。

これらの原因から考える改善方法とはいったい??
簡単にまとめてみると
オナニー時の手の圧力を減らす
単純なオナニーの回数を減らす
抗ストレス対策
勃起力を高める
以上のことに特に気にかけて生活していくことで膣内射精障害の改善に向かうと考えられます。
オナニーの回数と強さの改善以外の部分の問題では『遅漏改善』の項目も参考になると思います。ぜひご覧下さい。

膣内射精障害関連情報|こちらのページも読まれてます。

人気精力剤を用途で選ぶ
男性ホルモンを増やしたい
膣内射精障害用精力剤の選び方

Copyright © 2017 精力剤ランキング|悩みのタイプ別に徹底比較【オススメはどれ?】 All Rights Reserved.