トップページ >  > 男性の性機能障害とはどんなことをいうの?

男性の性機能障害とはどんなことをいうの?

男性の性機能障害とはいったい・・・・

男性の性機能障害は大きく分けて4つの種類に分けて考えることができます。
それぞれの種類ごとに簡単に原因等を考えていきます。

1 勃起障害

最も一般的な障害で男性の性機能障害と呼ばれる種類の中で9割がこれにあたる。
EDや勃起不全とも呼ばれるがコレは程度の問題であって
単にペニスが一瞬立つかどうかと言うよりも満足な性交ができない程度の勃起等の場合には コレにあたる。具体的には完全に勃起しない状態や朝立ち程度はする、
通常は普通に勃起するが性交時には中折れ等の勃起の持続時間が短い状態というのも含む。

2 射精障害
無事に性交(挿入)できても射精が早い、いわゆる早漏の状態や
射精が出来ない、遅漏の状態がコレにあたります。
射精障害に関しては早い場合と遅い場合でそれぞれ原因が違います。
前者の早い場合にはセックスの経験が浅かったり、極度の緊張状態等、 後者の遅い場合には普段のオナニーの仕方があまりにも激しくし過ぎて通常の性行為では脳が射精するという合図を送らないといった状態が考えらえます。

3 性欲障害
性欲障害というのはきちんと勃起はするが
普段の生活で女性と接していても性欲が湧かない、セックスに対して興味が無い等の状態です。
本人が問題だと思っていない場合も多くその場合には障害と言っても良いのかどうかは疑問になります。
本人や彼女、奥さんが障害だと思っている場合にこの性欲障害と言う呼び方がふさわしいのかもしれません。
原因としては若い世代では主に精神的な問題、ストレスや疲労がたまっている場合になりやすいです。

4 オーガズム障害
このオーガズム障害ですがパッと聞いたところ女性の方によくある障害なのかなという感想を持つと思いますが実際は女性だけではありません。
男性でも射精時に快感が感じられない、または快感が弱いといった障害がコレにあたります。
この場合の原因としては普段のオナニーのし過ぎや精神的な疲労、ストレス、精神疾患が原因になっていることがあります。

以上、男性の性機能障害の4つの種類に分けて述べてきましたが 実はこの4種類の性機能障害は1つだけ起こるというわけでは無いんです。
1つの場合もあればこの中で同時に2つの障害が絡みあうこともあります。
特に自分や彼氏、旦那さんがどのような障害なのか充分に考える(観察)していくことが
性機能障害に対する対策として有効になります。

性機能障害の改善には悩みの種類によっては精力剤も有効!!
Copyright © 2018 精力剤ランキング|悩みのタイプ別に徹底比較【オススメはどれ?】 All Rights Reserved.