トップページ >  > 年のせいとは限らないED

年のせいとは限らないED

一般的にEDは35歳を境に男性ホルモンの減少スピードが加速し精力減退になり起こると言われており事実、その通りではありますが全てがこの原因というわけではありません。

*ここでは精神的な面が原因のEDというのは省いていきます。
肉体面が原因のEDについてです。

年のせいとは限らないEDとは?
高齢の方でもきちんと勃起はするし元気、
または40代でも既に完全にEDになってしまったという方と様々ですね。
これは生活習慣にも関わってくることですが
健康な生活を送っている方はそうでない方に比べ、やはりEDになる確率が低いのです。

もちろんこのような生活習慣に関わってくるEDも加齢により悪い生活習慣の危険因子が更に高まってくる為、結果的に高齢の方がEDになる確率は高いとは言えるでしょう。
特に年のせいとは限らないEDの原因として3つの病気(状態)が考えられます。

いわゆる生活習慣病とも呼ばれる
・糖尿病
・高血圧
・高脂血症
の3つですね。

この3つの病気(状態)は動脈硬化と直結してきます。
動脈硬化により毛細血管の血流が悪くなり勃起のメカニズムが崩れるということなんです。

その他の"年のせいとは限らないED"ですが
・他の病気の為の薬を服用している
・発毛治療の為、プロペシアを服用
・前立腺や大腸等の疾患、手術経験がある
以上のことが代表的な事例として考えられます。

通常のEDもそうですが年のせいとは限らないEDも自分で改善できる点は多々あります。
まずは自分のEDがどの原因なのか?
探ってみる必要もありますね。
それによってどのような改善方法があるのか?
考えていきましょう。

Copyright © 2016 精力剤ランキング|悩みのタイプ別に徹底比較【オススメはどれ?】 All Rights Reserved.